演題抄録

一般口演

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

切除不能進行再発大腸癌サルベージラインとしてのTAS-102とRegorafenibの治療成績

演題番号 : O31-7

[筆頭演者]
木村 慶:1 
[共同演者]
野田 雅史:1、今田 絢子:1、宋 智亨:1、濱中 美千子:1、馬場谷 彰仁:1、小林 政義:1、塚本 潔:1、山野 智基:1、池田 正孝:1、冨田 尚裕:1

1:兵庫医科大学・下部消化管外科

 

はじめに)
切除不能進行再発大腸癌に対する3rd line以降でのサルベージラインの治療選択として、Regorafenib、TAS-102の経口薬が使用可能となった。両者は異なる有害事象を示し、腫瘍効果よりもQOLを維持しながらOSの延長をもたらすことが期待されている。どのタイミングでサルベージラインに切り替え、何を使用し、どのように取り組むかなどの課題は多い。
対象と方法)
2013年5月~2016年12月までに当科で切除不能進行大腸癌のサルベージラインとしてRegorafenibまたはTAS-102を使用した患者38例を対象とした。今回、サルベージラインとしてRegorafenib、TAS-102の治療成績を後方視的に検討した。
当科でのサルベージラインの治療選択として前治療で高血圧、肝機能障害、蛋白尿を有した症例にはTAS-102を選択し、前治療で血液毒性を伴っていた症例にはRegorafenibを選択することを基本としている。どちらにも当てはまらない症例は患者の希望で薬剤を決定した。
結果)
対象38例の内訳は、Regorafenibのみの投与となったものは4例(R群)、TAS-102のみ19例(T群)、RegorafenibからTAS-102投与に移行したものは7例(RT群)、TAS-102からRegorafenibへの移行は8例(TR群)であった。投与コースの中央値はR群/T群/RT群/TR群でそれぞれ1.5/2/6/7コースであった。TTFは中央値でR群/T群/RT群/TR群でそれぞれ39.5/75/187/209.5日であった。Grade3以上の有害事象はR群/T群/RT群/TR群で各々、50%/47%/86%/88%であった。有害事象のプロファイルはRegorafenib使用群で手足症候群、肝機能障害、TAS-102使用群では骨髄抑制が中心であった。OSの中央値はR群/T群/RT群/TR群でそれぞれ184/117/399/298日であった。単剤使用にとどまった群と
両薬剤使用できた群とでは統計学的に有意差を示した(p<0.05,log-rank test)。RT群とTR群の比較においては統計学的に有意差を示さなかった(p=0.83,log-rank test)。
結語)
両薬剤使用できた群で有意に生存期間の延長を示しており、より早い段階でサルベージラインとしてRegrafenib、TAS-102の使用を検討することで治療期間、生存期間の延長を示す可能性がある。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る