演題抄録

一般口演

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの後方視的研究[HGCSG1401] 減量開始の意義

演題番号 : O31-5

[筆頭演者]
結城 敏志:1 
[共同演者]
小松 嘉人:1,2、八木澤 允貴:1,2、村中 徹人:1,2、原田 一顕:3、武藤 理:4、加藤 総介:5、佐藤 温:6、阿部 雅一:7、青沼 彩音:8、小野寺 馨:9、江藤 和範:10、舘山 美樹:11、坂本 直哉:1、坂田 優:12

1:北海道大学・病院・消化器内科、2:北海道大学・病院・腫瘍センター、3:独立行政法人労働者健康安全機構釧路労災病院・腫瘍内科、4:日本赤十字社秋田赤十字病院・腫瘍内科、5:社会医療法人北楡会札幌北楡病院・消化器内科、6:弘前大学・大学院医学研究科・腫瘍内科学講座、7:JA北海道厚生連北海道厚生農業協同組合連合会札幌厚生病院・化学療法内科、8:岩見沢市立総合病院・消化器内科、9:札幌医科大学・附属病院・消化器内科、10:苫小牧市立病院・消化器内科、11:医療法人社団養生館苫小牧日翔病院・内科、12:三沢市立三沢病院・CEO

 

[背景]
切除不能大腸癌の後方治療に用いられるレゴラフェニブは手掌・足底発赤知覚不全症候群(以下 HFSR)や肝機能障害といった多種多様な有害事象を生じることが知られている。これらの有害事象の重篤化を回避するために初回から減量開始する例も多く存在しているが、減量開始が有害事象・有効性にどのような影響を与えるかは少数の報告しか存在しない。今回、減量開始の意義を検討する目的に、HGCSG1401:レゴラフェニブの後方視的研究のデータベースを用いて比較検討した。

[方法]
HGCSG1401試験には173例が登録された。標準投与量(160mg/日)での開始群(Standard Dose:SD) 145例、初回より減量での開始群(Reduced Dose:RD) 28例に関して、患者背景・有害事象(CTCAE v4.0)・奏効率(RR)/病勢制御率(DCR)(RECIST v1.1)はFisherの正確検定、治療成功期間(TTF)・無増悪生存期間(PFS)・生存期間(OS)はログランク検定/Cox比例ハザードモデルを用いて比較検討した。

[結果]
患者背景は、年齢(中央値:SD 66歳 vs RD 70.5歳;p=0.001)、ECOG PS(0-1:SD 91.0% vs RD 78.6%;p=0.090)、疾患状態(同時性転移:SD 62.8% vs RD 82.1%;p=0.052)で差異を認めた。レゴラフェニブの相対用量強度はSD 0.676 vs RD 0.556であり、RDでも25.0%の症例に更なる減量を要していた。
有害事象は全GradeのHFSRにおいて、RDで頻度の低下を認めたものの(SD 74.5% vs RD 57.1%;p=0.070)、Grade 3以上の事象においてはHFSRを含め、RDで有意な低下は認めなかった。全例が投与終了しているが、有害事象中止例はSD 19.3%に対して、RD 35.7%であり、減量開始は有害事象中止の頻度軽減にはつながらなかった。
有効性に関しては、RR/DCRはSD:0.8/28.8% vs RD:3.7/33.3%と差異は認めなかった(p=0.325/0.647)。TTF:SD:1.9ヶ月 vs RD 1.8ヶ月 (HR 0.843, p=0.423)、PFS:SD:2.1ヶ月 vs RD:2.2ヶ月 (HR 0.782, p=0.263)、OS:SD:6.5ヶ月 vs RD 5.1ヶ月 (HR 0.973, p=0.900)と初回減量投与は有効性に影響を与えないことが示唆された。

[結語]
今回の解析では、初回投与量によって有効性に差は認めなかった。初回投与量の減量でもGrade 3以上の有害事象頻度・有害事象中止割合を減じておらず、減量開始の意義は見いだせなかったが、減量開始例に高齢者、PS不良症例、同時性転移例が多く含まれていることが影響を与えている可能性が考えられた。進行中の無作為化比較試験の結果が待たれる。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:分子標的治療

前へ戻る