演題抄録

一般口演

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

切除不能進行/再発結腸直腸癌症例に対するTAS-102投与症例の後方視的検討:HGCSG1503

演題番号 : O31-4

[筆頭演者]
結城 敏志:1 
[共同演者]
小松 嘉人:2、中村 路夫:3、斎藤 聡:4、進藤 吉明:5、小池 雅彦:6、太田 栄:7、加藤 寛士:8、佐藤 温:9、舘山 美樹:10、植田 亮:11、福永 亮朗:12、加藤 総介:13、坂本 直哉:1、坂田 優:14

1:北海道大学・病院・消化器内科、2:北海道大学・病院・腫瘍センター、3:市立札幌病院・消化器内科、4:三沢市立三沢病院・腫瘍内科、5:医療法人明和会中通総合病院・消化器外科、6:KKR札幌医療センター・消化器外科、7:市立秋田総合病院・外科、8:岩見沢市立総合病院・消化器内科、9:弘前大学・大学院医学研究科・腫瘍内科学講座、10:医療法人社団養生館苫小牧日翔病院・内科、11:日本赤十字社富山赤十字病院・腫瘍内科、12:市立旭川病院・消化器外科、13:社会医療法人北楡会札幌北楡病院・消化器内科、14:三沢市立三沢病院

 

[背景]
TAS-102は標準治療を終えた切除不能進行/再発結腸直腸癌に対して、プラセボを対象とした2つの二重盲検比較試験(J-003/RECOURSE試験)で有意に生存延長を認めた。本剤は2014年5月に発売され、一般診療に導入されたが、本邦における日常臨床下での多数例での有効性/安全性の報告は未だ少ない。

[方法]
本試験には参加施設においてTAS-102を投与した症例を全例登録とし、臨床情報より後方視的に検討を行った。本試験の評価項目は有害事象の発現頻度、相対用量強度、投与状況、腫瘍縮小効果(RR/DCR)、無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)などとした。有害事象はCTCAE ver.4.0、RR/DCRに関してはRECIST ver.1.1、PFS/OSに関してはKaplan-Meier法を用いて評価した。

[結果]
患者背景は男性/女性 : 218/193、年齢中央値66歳(33-88)、ECOG PS 0/1/2/3 : 170/190/43/8、KRAS Exon2 野生型/変異型 : 210/187(14例は未検)であった。治療開始用量は70mg/m2 326例(79.3%)/減量開始 85例(20.7%)であった。有害事象に起因する減量を100例(31.8%)に要した。高頻度に認められたGrade 3以上の有害事象は、好中球数減少 48.1%、白血球減少 34.8%、貧血 28.7%であった。
有効性は、奏効率 0.5%/病勢制御率 37.2%/無増悪生存期間中央値 2.2ヶ月/生存期間中央値 7.3ヶ月であった。ECOG PS別でみると、無増悪生存期間中央値はPS 0-1/2-3:2.3/1.5ヶ月 (HR 2.000, p<0.001)、生存期間中央値は8.1/3.4ヶ月 (HR 2.778, p<0.001)であった。

[結語]
TAS-102の有効性はPS 0-1の症例で既報とほぼ同等であったが、PS 2-3の症例では有効性は乏しく、投与に際しては注意を要する。一般臨床においても骨髄抑制は高頻度で生じており、注意を要する。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る