演題抄録

一般口演

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの後方視的研究[HGCSG1401] 原発部位による解析

演題番号 : O31-2

[筆頭演者]
畑中 一映:1 
[共同演者]
結城 敏志:2、辻 靖:3、小林 良充:4、吉田 俊太郎:5、奥田 博介:6、佐々木 尚英:7、太宰 昌佳:8、紺野 潤:9、中村 路夫:10、太田 智之:11、本田 琢也:12、石黒 敦:13、坂田 優:14、小松 嘉人:15

1:市立函館病院・消化器内科、2:北海道大学・病院・消化器内科、3:KKR札幌医療センター斗南病院・腫瘍内科、4:独立行政法人労働者健康安全機構釧路労災病院・腫瘍内科、5:東京大学・医学部附属病院・消化器内科、6:社会医療法人恵佑会札幌病院・腫瘍内科、7:医療法人彰和会北海道消化器科病院・内科、8:NTT東日本札幌病院・消化器内科、9:社会福祉法人函館厚生院函館中央病院・消化器内科、10:市立札幌病院・消化器内科、11:医療法人徳洲会札幌東徳洲会病院・消化器センター、12:長崎大学・病院・消化器内科、13:医療法人渓仁会手稲渓仁会病院・腫瘍内科、14:三沢市立三沢病院、15:北海道大学・病院・腫瘍センター

 

[背景]
近年、大腸癌初回化学療法を中心に原発部位が治療効果に影響をもたらすことが報告されている。原発部位によるレゴラフェニブの治療効果に関する検討は少なく、今回、HGCSG1401:レゴラフェニブの後方視的研究のデータベースを用いて検討した。

[方法]
HGCSG1401試験には173例が登録された。原発部位を右側:盲腸~横行結腸(n=55)、左側:下行結腸~直腸(n=118)と定義し、患者背景・有害事象(CTCAE v4.0)・奏効率(RR)/病勢制御率(DCR)(RECIST v1.1)はFisherの正確検定、治療成功期間(TTF)・無増悪生存期間(PFS)・生存期間(OS)はログランク検定/Cox比例ハザードモデルを用いて比較検討した。

[結果]
患者背景はおおむねバランスがとれていたが、性別(男性:右 38.2% vs 左 65.3%;p=0.001)、腹膜転移(あり:右45.5% vs 左 30.5%;p=0.062)、KRAS exon2(野生型:右43.6% vs 左 63.2%;p=0.021)で差異を認めた。有害事象はGrade 3以上の疲労(右 1.8% vs 左 13.6%;p=0.014)以外、有意な差は認めなかった。
RR/DCRは右:0/29.8%、左:1.9/29.0%と差異は認めなかった(p=1.000/1.000)。TTF:右:1.8ヶ月 vs 左 1.9ヶ月(HR 0.927, p=0.644)、PFS:右:2.0ヶ月 vs 左:2.1ヶ月(HR 0.894, p=0.511)、OS:右:6.6ヶ月 vs 6.2ヶ月(HR 0.807, p=0.205)と有効性は原発部位に影響を受けないことが示唆された。

[結語]
今回の解析では、原発部位により背景因子に若干の差異を認めるものの、原発部位はレゴラフェニブの有効性に影響を与えなかった。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:分子標的治療

前へ戻る