演題抄録

ワークショップ

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

当院におけるベバシズマブを用いた高齢者大腸癌に対する長期維持治療の経験

演題番号 : WS92-1

[筆頭演者]
折田 創:1 
[共同演者]
小柴 聖史:2、加藤 永記:1、山本 陸:1、上田 脩平:1、徳田 智史:1、櫻庭 駿介:1、水口 このみ:1、宗像 慎也:1、内田 隆行:1、清水 秀穂:1、櫛田 知志:1、櫻田 睦:1、前川 博:1、佐藤 浩一:1

1:順天堂大学・医学部附属静岡病院・外科、2:順天堂大学・医学部附属静岡病院・薬剤部

 

(はじめに)近年、切除不能進行再発大腸癌における治療成績は抗がん剤の進歩により年々向上しているが、対象の患者年齢も高齢化の一途を辿っている。特に、高齢者における化学療法には、併発する合併症や年齢などを考慮し、強力な化学療法が適応とならないケースも多い。また、FOLOFX等の強力な化学療法を導入するも副作用等により治療継続に苦慮する症例も多く経験する。ベバシズマブは、消化管穿孔等の重篤な副作用が少数ながら発現するが、高齢者においても比較的使用しやすい分子標的治療薬である。今回、強力な化学療法の不適応症例3例と強力な化学療法の継続が困難となりベバシズマブとフッ化ピリミジン系薬剤の併用療法(メンテナンス療法)に移行した11例について報告する。
(対象) 2012年より当科においてベバシズマブ5~7.5㎎/㎏を含む化学療法を実施した症例のうち、強力な化学療法の不適応症例3例と強力な化学療法からメンテナンス療法へと治療継続された高齢者大腸癌症例11例(男性10例、女性9例)についてレトロスペクティブに検討した。(結果) 平均年齢は74歳(65~89)。3例は、年齢や転移部位などを考慮し初回からベバシズマブ(BV)+UFT/LV併用療法の導入であった。11例は、BV+FOLFOX等の強力な化学療法の導入であったが、副作用増悪によるメンテナンス療法への変更であり、メンテナンス療法での平均治療日数は244.5日、6カ月以上治療が出来た症例は8例であった。また、初回よりBV+UFT/LV併用療法を行った症例では、平均245.6日の治療継続が可能であった。また、主な副作用は、Grade 3の口内炎と食欲不振のみであり、BVについては、ほぼ治療計画通りに投与することが可能であった。(結語)BV+UFT/LV療法およびメンテナンス療法は、進行再発高齢者大腸癌に対しても、QOLの低下なく長期維持投与が可能であると考える。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る