演題抄録

ワークショップ

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

切除不能進行再発大腸癌に対するカペシタビン、ベバシヅマブ併用療法の治療成績

演題番号 : WS52-3

[筆頭演者]
大平 学:1 
[共同演者]
宮内 英聡:1、成島 一夫:1、加賀谷 暁子:1、武藤 頼彦:1、斉藤 洋茂:1、松原 久裕:1

1:千葉大学・医学部・先端応用外科

 

【背景と目的】
切除不能進行再発大腸癌で、高齢や重篤な併存症のために強力な治療が適応とならない症例ではイリノテカンンやオキサリプラチンが投与できない場合も多く、5FU製剤に分子標的治療薬の併用などが行われる。2013にAVEX試験でカペシタビン、ベバシヅマブ併用療法の良好な成績が報告され、本邦の大腸癌治療ガイドライン2014年版にも収載された。大学病院は各種基礎疾患の影響でイリノテカンンやオキサリプラチンが投与できない症例も多い。当科でのカペシタビン、ベバシヅマブ併用療法(以下、本法)の現況、治療成績を明らかにすることを目的とした。
【対象と方法】
2013年から現在まで当科で本法を行った14例を対象として背景、治療成績を検討した。
【結果】
年齢の中央値は77歳で、男性10例、女性4例であった。原発は結腸10例、直腸4例で、化学療法の対象病変は肺転移が8例と最多で次いで肝転移5例であった。1例のみは本人希望で本法を選択され、他は全例高齢またはPS不良例であった。PS2が5例、PS3が3例と2以上のPS不良例が57%を占めた。9例は術前術後補助療法で化学療法が行われていた。切除不能となってからの一次治療で本法が行われたのが12例で、2例はFOLFIRIが有害事象で継続できず2次治療で本法を行った。投与コース数は中央値9.5コースで、1例は投与中で、1例はCRで投与終了となっていた。投与終了理由はPD6例、有害事象4例であった。CTCAE Grade3以上の有害事象は9例(64.3%)に認められたが、全例回復しており、治療関連死は認めなかった。最良治療効果はCR1例、PR7例であった。投与終了後の治療はBSCが2例で、他の5FU製剤とベバシヅマブの併用が3例、パニツムマブ単剤が2例、強力な化学療法を減量して投与した症例が3例であった。観察期間中央値19.4カ月で、10例生存、4例が原病死していた。PFSの中央値は9.6カ月であった。
【結語】
大規模臨床試験と比較しPS不良例が多いためか、有害事象が高度であったが、化学療法既投与例が多かったにも関わらずPFSは遜色ない結果であった。本法がPS不良な切除不能症例に対する治療選択肢の一つとなる可能性が示唆された。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る