演題抄録

ワークショップ

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

進行・再発胃癌に対する実臨床でのRamucirumabの有効性

演題番号 : WS104-2

[筆頭演者]
片柳 創:1 
[共同演者]
幕内 洋介:1、新後閑 正敏:1、刑部 弘哲:1、寿美 哲生:1、土田 明彦:2、河地 茂行:1

1:東京医科大学・八王子医療センター・消化器外科・移植外科、2:東京医科大学・病院・消化器外科・小児外科

 

【はじめに】RAINBOWおよびREGARD試験の結果、従来の切除不能・再発進行胃癌に対する二次治療としてRamucirumab(Ram)+paclitaxel(PTX)併用療法が推奨度1、Ram単独療法も推奨度2とされた。【目的】Ramの実臨床での効果を検証した。【対象および方法】2015年6月以降に当院で使用した14例。男性10、女性4例、開始時の年齢中央値は66歳であった。Ram/PTX併用(RP群)11(PS0:8, PS1:3), Ram単独(R群)3例(PS1:1, PS2:2)であった。HER2陽性は各群1例ずつであった。RP群およびR群の治療成績、有害事象について検討した。【成績】Ram開始後の観察期間中央値は155日であった。施行コース数はRP群で5コース(1-7), R群は3コース(2-9)であった。RP群は1st line:1, 2nd line:7, 3rd line:3例、R群は3rd, 4, 5th lineが各1例であった。最良効果はRP群でPR4例(36%), SD4例, non-CR / non-PD1例, NE2例, R群でSD / PD / NEが各1例であった。PR例はいずれも2nd lineまでで3rd line以降のPR症例はなかった。PFSは147日(35-249)であった。R群の2例が死亡した。RP, R群の各1例計2例が後治療に移行した。RP群の10例が継続中である。Grade2以上の有害事象は血液毒性で白血球減少7例50%(Gr2:3, Gr3:4)、好中球減少9例64%(Gr2:5, Gr3:2, Gr4:2)、貧血5例36%(Gr2:5)、血小板減少1例7%(Gr2:1)であった。非血液毒性はRam関連で蛋白尿4例29%(Gr2:4例)、高血圧4例29%(Gr2:4例)であった。PTX関連で末梢神経障害6例43%(Gr2:6例)、倦怠感4例29%(Gr2:4例)、皮疹2例14%(Gr2:2例)、脱毛2例14%(Gr2:2例)に認めた。RP群の8例73%がPTX減量(1段階:5例、2段階減量3例)した。【結論】Ramucirumabは2nd lineまでであれば効果も期待でき有害事象もマネージメント可能であるため実臨床でも有効な薬剤と考えられる。

キーワード

臓器別:胃・十二指腸

手法別:化学療法

前へ戻る