演題抄録

一般演題 (示説)

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

神戸大学における去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの治療経験

演題番号 : P57-1

[筆頭演者]
日向 信之:1 
[共同演者]
板東 由加里:1、鈴木 光太郎:1、原 琢人:1、桃園 宏之:1、今井 聡士:1、宮崎 彰:1、寺川 智章:1、古川 順也:1、原田 健一:1、石村 武志:1、中野 雄造:1、藤澤 正人:1

1:神戸大学・大学院医学研究科・腎泌尿器科学分野

 

【目的】神戸大学における去勢抵抗性前立腺癌に対するカバジタキセルの臨床的検討を行った.
【対象】2014年10月~2016年3月までにドセタキセル抵抗性去勢抵抗性前立腺癌に対し,カバジタキセルを導入した15例を対象とし,治療効果および安全性について検討した.
【結果】カバジタキセル導入時年齢は64-82歳(中央値:72歳)であった.診断時PSA値およびGleason scoreはそれぞれ7.0-724.1ng/ml(中央値:165.3ng/ml)および8-10(中央値:9)であり,全ての症例において一次ホルモン療法としてCAB療法が6-115ヶ月(中央値:21ヶ月)施行された.カバジタキセル前治療において,全症例でドセタキセルが7-25コース(中央値:14)施行され,新規ホルモン療法薬であるエンザルタミドおよびアビラテロンが14例(87.5%)に施行された.カバジタキセル導入時において,PSA値は5.7-611.0ng/ml(中央値:73.3ng/ml)であり,骨転移:12例,リンパ節転移:3例,肺転移:1例,肝転移:2例を有していた.カバジタキセルは20および25mg/m2(20mg:10例,25mg:6例)で導入され,施行サイクルは1-23サイクル(中央値:3)であった.評価しえた12例中PSA低下は6例(50.0%)に認められ,6例においてカバジタキセル投与を継続中である.G3以上の有害事象として,好中球減少は6例に認められ,発熱性好中球減少症(FN)は2例に認められたが,day2に持続型G- CSF製剤を使用した症例においてはFNは認められなかった.
【結論】カバジタキセルは持続型G-CSF製剤を適切に使用することにより安全に投与可能であり,カバジタキセル投与後,50%の症例にPSA低下が認められ,明らかな奏功に至らなくても,その治療効果が多くの症例において得られた.

キーワード

臓器別:前立腺・男性生殖器

手法別:化学療法

前へ戻る