演題抄録

一般演題 (示説)

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

前立腺癌放射線治療後の放射線性膀胱炎に対して尿路変更術が必要となった2症例

演題番号 : P56-6

[筆頭演者]
山辺 拓也:1 
[共同演者]
堀江 繁光:1、福原 宏樹:1、中山 尚子:1、金子 尚嗣:1、柿崎 弘:1

1:地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構日本海総合病院・泌尿器科

 

放射線性膀胱炎は骨盤内の放射線治療に起因する合併症の中でも治療困難なものの一つである。今回、我々は前立腺癌に対する放射線照射後に発症した放射線性膀胱炎により、コントロール困難な血尿をきたし尿路変更術を行った2症例を経験したので報告する。
【症例1】70代男性 2007年に前立腺癌と診断され、全骨盤腔に40Gy,その後前立腺に照射野を絞って30Gy, 計70Gyの放射線治療が行われた。前立腺癌のコントロールは良好であったが照射5年後の2012年になって度々血尿が出現するようになった。当初は止血剤で対処可能であったが、度々膀胱タンポナーデを繰り返すようになり、生理食塩水による膀胱環流のみでは治療困難となっていった。2013年8月には2.5気圧の高圧酸素療法が20回行われ、一時的には止血効果認めたものの、同年12月には再度膀胱タンポナーデをきたした。経尿道的電気凝固術も行われたがやはり一時的な止血効果にとどまり、本人・家族とも根本的な治療を希望され2014年4月に尿管皮膚瘻造設術を行った。膀胱摘除も試みたが、癒着が高度で摘出は行えなかった。膀胱は温存されているが、出血による有害事象認めず経過観察中である。
【症例2】70代男性 2010年に前立腺癌と診断され2011年7月に根治的前立腺摘除術が行われた。2012年4月にPSA 0.95ng/mlまで上昇認められ前立腺床に64Gyの救済放射線照射が行われた。救済放射線照射後、前立腺癌としてはコントロール良好であったが2014年11月頃より肉眼的血尿が出現、止血剤、ステロイド、柴苓湯などの投与が行われていたが血尿は増悪し、2膀胱タンポナーデによる入退院を繰り返すようになり、2015年7月には経尿道的電気凝固術が施行されたが1ヶ月足らずで膀胱タンポナーデの再発を認めた。症例1と同様に膀胱タンポナーデを繰り返すことの精神的負担が大きくなり尿路変更の希望があり2015年8月に尿管皮膚瘻造設術を行った。膀胱は摘出を行わなかったが、出血などの有害事象認めること無く経過観察中である。
【考察】放射線性膀胱炎に起因する出血性膀胱炎は一旦発症すると止血に難渋する難治性の合併症である。重篤な症例で高圧酸素療法や水酸化Al・Mg合剤の膀注などが効果的であった報告も散見されるが、未だ標準的治療は定まっていない。本例では保存療法に対する精神的ストレスが大きくなったという背景もあり、尿路ストマを伴う尿路変更術を行う事になった。

キーワード

臓器別:前立腺・男性生殖器

手法別:放射線治療

前へ戻る