演題抄録

一般演題 (示説)

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

外来通院での乳がんdose-dense AC療法の安全性に関する検討

演題番号 : P3-8

[筆頭演者]
近藤 祐樹:1 
[共同演者]
鬼頭 典子:1、竹本 将士:1、田代 雄祐:1、山本 由香:1、黒田 純子:1、遠山 竜也:2、木村 和哲:1,3,4

1:名古屋市立大学・病院・薬剤部、2:名古屋市立大学・病院・乳腺外科、3:名古屋市立大学・大学院薬学研究科・病院薬剤学、4:名古屋市立大学・大学院医学研究科・臨床薬剤学

 

【目的】原発乳がん患者の周術期療法であるdose-dense AC療法は、ペグフィルグラスチムが承認されたことにより、本邦でも施行可能となった。一方で、日本人におけるdose-dense AC療法の使用経験は少なく、安全性は十分に確立されているとはいえない。そこで、日本人における安全性を確認するために、当院におけるdose-dense AC療法の有害事象の調査を行った。
【方法】2015年10月から2016年3月までに当院でdose-dense AC療法を施行された乳がん患者を対象とし、有害事象等について電子カルテを後方視的に調査した。有害事象はCTCAE v4.0に基づいて評価した。
【結果】患者は11名で、すべての症例が外来化学療法室で治療を受けていた。患者背景は、全員が女性、年齢の中央値は48歳(23-64歳)、抗がん剤の治療歴は、初回が9例、タキサン系薬剤治療後が2例であった。主な有害事象は悪心10例(G1/2: 6/4例)、脱毛10例(G1/2: 3/7例)、倦怠感8例(G1/2: 2/6例)、疲労7例(G1/2: 1/6例)、食欲不振7例(G1/2: 3/4例)であり、いずれもG2以下であった。11例中7例の患者が4サイクル完遂、2例が治療途中であり、その平均投与間隔は14日と投与期間が延期された例はなかった。一方で化学療法の中止が1例(有害事象による本人希望)、レジメンの変更が1例(腫瘍の進行)あった。
【考察】骨髄抑制による延期やG3以上の重篤な有害事象が発現しなかったことから、日本人におけるdose-dense AC療法の忍容性は良好であることが示唆された。また今回の調査では、全員が外来通院での治療であったことから、dose-dense AC療法は外来で施行可能な治療法と考えられた。一方で、dose-dense AC療法が中止となった症例も存在することから、有害事象対策は十分に行う必要がある。
【結論】外来通院でのdose-dense AC療法の日本人における忍容性は概ね良好であると考えられるが、十分な有害事象対策は必要である。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:化学療法

前へ戻る