演題抄録

一般演題 (示説)

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

口腔扁平上皮癌ヨード不染域におけるグリコーゲン代謝経路内グルコース消費の検討

演題番号 : P1-3

[筆頭演者]
相澤 仁志:1 
[共同演者]
山田 慎一:1、鎌田 孝広:1、近藤 英司:1、田中 宏和:2、嶋根 哲:2、伊藤 隆一:3、李 頴輝:1、栗田 浩:1

1:信州大学・医学部・歯科口腔外科学教室、2:社会医療法人財団慈泉会相澤病院・口腔病センター、3:諏訪中央病院・歯科口腔外科

 

【目的】
ヨード生体染色(JG染色)は粘膜の悪性病変を検出する方法として外科切除における標識の1つとして有用性が認められており,口腔扁平上皮癌(OSCC)の診断・治療に広く用いられいる.一般的にJG染色はヨードと上皮細胞中のグリコーゲンが反応し発色していると考えられており,OSCCではその機序としてグリコーゲンの代謝異常があると考えられている.われわれは,OSCCのグリコーゲン代謝に関する検討を行っており,これまでにGLUT1が癌細胞では多く出現しており,OSCC内へのグルコース取り込みが亢進していること,OSCC細胞内でグリコーゲン代謝経路内の合成系酵素であるglycogen synthaseには変化がないが,解糖系酵素であるglycogen phosphorylase isoenzyme BBが増加していることを報告した.今回はグリコーゲン代謝経路内の他の酵素であるGlucokinase(GK),Phosphoglucomutase3(PGM3),Glucose-6-phosphatase(G6P)の発現について検討した.
【対象・方法】
対象は口腔扁平上皮癌12例.病変切除時にJG染色を施行し,染色域およびを不染域含む組織を採取,HEおよびPAS染色を行いJG染色域と不染域を比較検討した.また同様に,免疫組織学的にGK,PGM3,G6P染色を行いJG染色域と不染域の間で発現状況を比較検討した.
【結果】
免疫染色ではPGM3の標識率はJG染色域,不染域で優位な差は認めなかった.しかしGKおよびG6P標識率はJG不染域において基底層、傍基底層ともにJG染色域より優位に高かった.
【結論】
正常細胞と比較してOSCC細胞内でGKおよびG6P発現が更新していることにより悪性化している上皮では,グリコーゲン代謝経路内のGlucose 6 PhosphateとGlucose間の分解合成は活発に行われているが,Glucose 6 PhosphateとGlucose 1 Phosphate間の変化が低下していることが示唆された.

キーワード

臓器別:口腔

手法別:基礎腫瘍学

前へ戻る