演題抄録

ミニシンポジウム

開催概要
開催回
第54回・2016年・横浜
 

CDDP投与不適局所進行頭頸部扁平上皮癌に対するCBDCA+RT及びCmab+RTの安全性と有効性

演題番号 : MS28-3

[筆頭演者]
濱内 諭:1 
[共同演者]
横田 知哉:1、上條 朋之:2、尾上 剛士:3、戸髙 明子:1、小川 洋史:3、飯田 善幸:2、町田 望:1、福冨 晃:1、小野澤 祐輔:4、西村 哲夫:3、鬼塚 哲郎:2、安井 博史:1

1:静岡県立静岡がんセンター・消化器内科、2:静岡県立静岡がんセンター・頭頚部外科、3:静岡県立静岡がんセンター・放射線治療科、4:静岡県立静岡がんセンター・原発不明科

 

背景:切除不能・喉頭温存希望局所進行頭頸部扁平上皮癌(LA-SCCHN)に対する標準治療はシスプラチン(CDDP)併用放射線療法(RT)である. しかしながら, 高用量CDDP投与は腎機能障害, 末梢神経・聴覚障害, 心機能障害を有する患者や, 生理機能が低下している高齢者への投与は適さない. 今回我々は, CDDP投与が適さないLA-SCCHN症例に対するカルボプラチン(CBDCA)あるいはセツキシマブ(Cmab)併用RTの安全性と有効性を検討した.

方法:2006年8月から2015年7月までに静岡県立がんセンターにてCDDP投与不適LA-SCCHN症例に対してCBDCA+RTあるいはCmab+RTを実施された症例を後ろ向きに評価した.

結果:CDDP投与不適LA-SCCHN症例に対してCBDCA+RTを実施された25例及びCmab+RTを実施された10例を解析対象とした. CBDCA+RT群及びCmab+RT群の患者背景はそれぞれ, 年齢中央値 75歳 vs 68歳; PS0-1 92% vs 100%; 原発 中咽頭 36% vs 30%, 下咽頭 52% vs 30%, 喉頭 4% vs 40%, 口腔 8% vs 0%; Stage III 12% vs 60%, IVa 76% vs 40%, IVb 12% vs 0%. 両群ともに全例70Gyの照射を完遂した. CBDCA+RT群及びCmab+RT群の有効性に関してはそれぞれ, 完全奏効割合 72% vs 60%, 無増悪生存期間 42.7ヶ月 vs 9.2ヶ月, 全生存期間 未到達 vs 28ヶ月. CBDCA+RT群及びCmab+RT群でのGrade 3以上の主な有害事象の発症割合についてはそれぞれ, 口腔粘膜炎 60% vs 80%, 放射線性皮膚炎 4% vs 50%, 血小板数減少 28% vs 0%, 好中球数減少 28% vs 0%, 発熱性好中球数減少症 12% vs 0%,であった.

結論:CDDP投与不適LA-SCCHN症例に対するCBDCA+RT及びCmab+RTは安全に実施可能であり, 特に有効性の点においてCBDCA+RTはこの対象における治療オプションになり得ると考えられた.

キーワード

臓器別:頭頸部

手法別:化学療法

前へ戻る