演題抄録

ワークショップ

開催概要
開催回
第53回・2015年・京都
 

StageII/III結腸癌の再発リスク予測としてのOncotype Dx Colon Cancer Assayの有用性

演題番号 : WS31-2

[筆頭演者]
金澤 旭宣:1 
[共同演者]
山中 竹春:2、山崎 健太郎:3、山口 研成:4、室 圭:5、池田 正孝:6、楠本 哲也:7、植竹 宏之:8、佐藤 武郎:9、加藤 健志:10、仁科 智裕:11、沖 英次:12、赤木 究:13、大橋 靖雄:14、吉野 孝之:15

1:公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院消化器センター外科、2:横浜市立大学大学院医学研究科医学研究科臨床統計学、3:静岡県立静岡がんセンター消化器内科、4:埼玉県立がんセンター消化器内科、5:愛知県がんセンター中央病院薬物療法部、6:独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科、7:独立行政法人国立病院機構九州医療センター消化器センター外科・がん臨床研究部、8:東京医科歯科大学大学院総合外科、9:北里大学医学部外科、10:独立行政法人労働者健康福祉機構関西労災病院下部消化器外科、11:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター消化器内科、12:九州大学大学院外科分子治療学、13:埼玉県立がんセンター腫瘍診断・予防科、14:中央大学理工学部人間総合理工学科 生物統計学、15:独立行政法人国立がん研究センター東病院消化管内科

 

背景:Oncotype Dx Colon Cancer Assayは腫瘍部における12個の遺伝子発現程度をもとに再発スコア(RS)を算出する。欧米においてRSはStage II/III結腸癌の再発リスク予測に有用であることが検証されているが、Stage III結腸癌手術単独例における検討はない。また、アジアでは全く検討されていない。
方法:本邦12施設で2000~2005年にStage II/III結腸癌根治切除術をうけ、術後補助化学療法未施行例の臨床情報を収集後、コホートサンプリングデザイン(再発:無再発 1:2)を用い解析対象を抽出した。解析対象の保存腫瘍検体をからIHCによりMMR(Mismatch repair)ステータス、RT-PCRによりRSを算出。再発リスクとRSの相関を重み付きCox回帰分析により検討した。
結果:臨床情報を収集した1,487例中、解析対象を630例(無再発/再発 420/210例)とした。うち、624例の腫瘍検体が収集できRT-PCRが成功したのは597例(96%):Stage II/III 41/59%、男性 53%、>70歳 33%、MMR-deficient 5%、リンパ節検索個数<12個 20%だった。RS連続値は無再発期間と有意に相関し(HR/25単位 2.05; 95% CI 1.47-2.86; p<0.001)、Stage、壁深達度、MMRステータスを含めた多変量解析においても同様の結果であった(HR 1.92; 95% CI 1.35-2.72; p<0.001)。RSに応じた低/中/高リスク(RS 0-29/30-40/41-100)のStage別頻度はStage II(247例)60/26/14%、Stage IIIA/B(278例)46/31/23%、Stage IIIC(72例)45/29/26%、Stage毎のリスク別5年再発率はStage II 9/14/19%、Stage IIIA/B 20/29/38%、Stage IIIC 38/51/62%であった。さらにRS連続値は無再発生存期間(HR 1.77)、無病生存期間(HR 1.90)、全生存期間(HR 2.02)とも有意に相関していた(全てp<0.001)。
結語:アジアにおけるStage II/III結腸癌根治切除例およびStage III結腸癌手術単独例においても、RSは再発リスク予測因子として有用であることが示された。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:ゲノム・遺伝子

前へ戻る