演題抄録

ワークショップ

開催概要
開催回
第53回・2015年・京都
 

Her2陰性再発乳癌へのカペシタビンとシクロホスファミド療法の観察研究(KBC-SG0901)

演題番号 : WS30-5

[筆頭演者]
増野 浩二郎:1 
[共同演者]
田中 眞紀:3、山口 美樹:3、西村 令喜:4、田中 俊裕:7、上尾 裕昭:5、吉山 知幸:2、光山 昌珠:6、田村 和夫:7

1:大分県立病院外科、2:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター乳腺科、3:独立行政法人地域医療機能推進機構久留米総合病院乳腺外科、4:熊本市立熊本市民病院乳腺・内分泌外科、5:うえお乳腺外科、6:北九州市立医療センター外科、7:福岡大学病院腫瘍・血液・感染症内科

 

背景:カペシタビンとシクロホスファミドはいずれも経口薬で毒性が重なり合わないため、患者の負担が少なく、長期の投与がしやすい再発乳癌治療XC療法レジメンとして我々は報告してきた(Anti-Cancer Drugs, 2010)。今回、九州乳癌研究会では同療法を前治療、前治療からの休薬期間、年齢などを問わない一般臨床での使用に即した形で前向き観察研究をおこなった。
対象・方法:2009年11月~2012年2月の間に登録された評価病変のある再発乳癌症例71例を解析対象とした。原発巣(含両側同時例2例)のER陽性例は78%(57例)、Her2は全例陰性。再発臓器は骨43、肝38、リンパ節30、肺27、胸膜6、皮膚5、副腎・対側乳房各2、脳・腹膜各1であった。治療プロトコールは21日1サイクルでカペシタビン1657mg/㎡/日, シクロホスファミド65mg/㎡/日を分2で内服(Day1-14)、Day15-21休薬を原則として6サイクル、病勢の明らかな進行が確認されるまで治療を継続した。Primary endpointは奏効率とし、Secondary endpointは無増悪生存率、全生存率、有害事象とした。登録症例の年齢中央値は60歳(34-86)、前治療レジメン数は(0, 1, 2, 3, 4, 5)=(13, 28, 23, 5, 2, 1)で先行2レジメンまでの症例が64例(91%)を占めた。
結果:6コースまで投与された症例は62%(44/71)で、18コース以上投与されている症例は20%(15/71)だった。最良効果は(CR/PR/SD/PD/NE)=(3/17/18/4/2)で奏効率28%(20/71)、臨床的有用率は53%(38/71)であった。PFS中央値は8.1ヶ月、OS中央値は28.3ヶ月であった。Grade4の有害事象は総ビリルビン上昇、好中球減少がそれぞれ1%(1/71)に、Grade3で白血球減少28%(20/71)、好中球減少20%(14/71)、貧血、血小板減少、AST・ALT上昇がそれぞれ3%(2/71)に認められた。手足症候群はGrade(3, 2, 1)=(1, 7, 16)例で重篤なものは認めなかった。
結論:再発乳癌対するXC療法は長期投与が可能で有効性が期待でき、QOL低下のリスクが少なく安全に施行できる治療法と考えられる。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:化学療法

前へ戻る