演題抄録

一般演題 (示説)

開催概要
開催回
第53回・2015年・京都
 

子宮頸癌における広汎子宮全摘術後の補助療法についての検討

演題番号 : P87-1

[筆頭演者]
大島 乃里子:1 
[共同演者]
若菜 公雄:1、古澤 啓子:1、若林 晶:1、久保田 俊郎:1

1:東京医科歯科大学産婦人科

 

【目的】子宮頸癌における広汎子宮全摘術後の補助療法は、これまで放射線化学療法または放射線療法が推奨されてきたが、イレウスやリンパ浮腫などの合併症のため、治療に難渋することも多く、再発予防を目的とした後療法については検討の余地がある。当科では2011年より広汎子宮全摘術後の基本補助療法を放射線療法から化学療法に変更しており、両治療群について後方視的に検討を行った。
【方法】2003年1月から2013年12月に、子宮頸癌I-IIA期で、広汎子宮全摘術後を行い、組織型が扁平上皮癌で術後補助療法を施行した患者14例を対象とした。術後補助療法は、放射線療法または化学放射線療法を行った群(RT群)が5例、イリノテカン+ネダプラチンによる化学療法を行った群(CT群)が9例で、治療完遂率、有害事象、2014年12月までの再発の有無について後方視的に検討した。
【成績】年齢の中央値はRT群:44歳(36-59歳)、CT群:46歳(28-64歳)進行期はRT群:IB1期5例、CT群:IB1期8例、IB2期4例、IIA2期2例であった。RT群のうち放射線療法単独は2例、化学放射線療法が3例であった。治療完遂率はRT群、CT群共に100%であった。有害事象については、RT群でイレウスを2例に認め、そのうち1例は手術療法を必要とした。またステージ2のリンパ浮腫を2例に認めた。一方CT群ではGrade3の好中球減少を3例、Grade4の好中球減少症を1例認めたが、発熱性好中球減少症は認めなかった。イレウスは認めず、リンパ浮腫はすべてステージ1以下で軽度であった。RT群で再発を1例に認め、この症例におけるtreatment-free interval (TFI)は5ヶ月であった。CT群でも再発例を1例認め、この症例におけるTFIは3ヶ月であった。両群ともに再発例は遠隔再発であった。
【結論】化学療法は放射線療法と比較して有害事象の発生が少なく、治療忍容性は良好であった。しかしながら短期での再発例も認めており、今後予後の検討が必要と考えられた。

キーワード

臓器別:子宮

手法別:化学療法

前へ戻る