演題抄録

一般演題 (示説)

開催概要
開催回
第53回・2015年・京都
 

進行再発乳癌に対する新規抗HER2薬、PertuzumabおよびT-DM1の治療効果

演題番号 : P28-1

[筆頭演者]
井上 有香:1 
[共同演者]
山下 奈真:1、上尾 裕紀:1、田中 仁寛:1、徳永 えり子:2、杉山 雅彦:1、中島 雄一郎:1、大垣 吉平:1、佐伯 浩司:1、沖 英次:1、前原 喜彦:1

1:九州大学大学院消化器・総合外科、2:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター乳腺科

 

【背景】近年、HER2陽性手術不能または転移再発乳癌に対してPertuzumab、T-DM1の2種類の新規抗HER2薬が本邦で承認となった。今回我々は、当科でのPertuzumab、T-DM1使用症例について報告する。
【Pertuzumabの治療効果】2013年9月承認以降当科で使用した9例を検討した。レジメンは7例がPertuzumab+Trastuzumab+Docetaxel療法、2例がPertuzumab+Trastuzumab+weekly Paclitaxelであった。Docetaxelは年齢や全身状態を考慮し、50-60mg/㎡に減量した。年齢は平均57.6 (49-73) 歳、治療ラインは1st 2例、2nd 4例、3rd以降 3例であった。平均投与回数は6.7回(1-17)、治療継続中は4例であった。効果判定可能な6例で臨床的効果はComplete Response(CR) 1例、Partial Response(PR) 2例、長期Stable Disease 1例、Clinical Response rate(CRR=CR+PR) 50.0%(3/6), Clinical Benefit Rate(CBR=CR+PR+long SD) 66.7%(4/6)であった。CRの1例は、手術不能HER2陽性乳癌に対して1stlineで投与開始し、著明に縮小認めたため、手術を施行したところ、pathological CRであった。Grade3以上の有害事象は1例で帯状疱疹、1例で急性肺炎を認めたが、いずれも入院加療にて軽快し、以後同治療を継続している。
【T-DM1の治療効果】2014年6月承認以降当科で使用した9例を検討した。投与時の平均年齢は59.7(41-77)歳、治療ラインは2nd 2例、3rd 2例、4th以降 5例でPertuzumab+Trastuzumab+Docetaxel療法からの移行例は3例であった。平均投与回数は8.3回(4-13)、治療継続中は5例であった。臨床的効果はPR 2例、長期SD 3例、CRR 25.0%(2/8),CBR 62.5%(5/8)であった。1例でGrade3の血小板減少を認めたため、減量投与行っている。
【まとめ】Pertuzumab、T-DM1はlate lineでも病状コントロールに寄与しており、HER2陽性手術不能または転移再発乳癌に対して有用な治療であると考えられる。

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:分子標的治療

前へ戻る