演題抄録

一般演題 (示説)

開催概要
開催回
第53回・2015年・京都
 

Pertuzumab + Trastuzumabを主軸とした再発乳癌維持療法の経験

演題番号 : P27-3

[筆頭演者]
櫻井 孝志:1 
[共同演者]
遠藤 まり子:1、野坂 香織:2、飯田 修史:1、吉水 信就:1、関 みな子:1、唐橋 強:1、中島 顕一郎:1、細田 洋一郎:1、清水 健:3

1:埼玉メディカルセンター外科、2:埼玉メディカルセンター薬剤部、3:埼玉メディカルセンター病理部

 

【はじめに】再発乳癌治療における抗癌剤の至適投与期間・投与量は患者背景その他の因子により調整しなければならない.当院におけるPertuzumab+Trasutumab (以下P+T)を主軸とした治療経験について報告する.
【患者背景と治療内容】2013年9月Pertuzumab本邦発売後に, P+Tによる治療をstageⅣおよび再発乳癌9例に施行した.SubtypeはHer2 6例,luminal Her2 3例.全例肺・肝・骨のいずれかに転移を有していた.治療内容はP+Tのみ 1例,+DTX 5例,+PTX 1例,+Cape 1例,GEM 1例であった.
【結果】+DTX 5例中 4例および +PTX 1例でPR,+GEM 1例はNCであった.効果の認められた6例において +DTXは6-8サイクルにて,+PTXは6サイクルにて,GEMは15サイクルにて休薬し,維持療法としてP+Tを継続中である.本治療開始後13-17ヶ月経過中であるが,いずれも明らかな再燃を認めず,良好なQOLを保てている.
【結語】CREOPATRA試験において, DTX投与サイクル数の中央値は8(1-35)であり,全治療の中央値は18.1ヶ月であった.またDTX中止後のP+Tによる治療はQOLの維持向上につながったと報告されている.DTXを含む再発治療が奏効した場合,DTXの計画的な休薬は患者のQOLを維持しつつ治療継続が可能であり有用と思われた.

キーワード

臓器別:乳腺

手法別:化学療法

前へ戻る