演題抄録

シンポジウム

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

癌治療におけるIVRの新展開

演題番号 : S2-2

[筆頭演者]
山門 亨一郎:1 

1:三重大学大学院医学系研究科放射線医学教室

 

RFAや凍結療法に代表されるAblation治療の登場は癌治療に大きなインパクトを与えた。RFAは小型肝癌の根治的治療としてその地位を確立した。小型腎癌においてもRFAと凍結療法は外科的手技に匹敵する成績が多数報告されている。また、切除不能な小型肺癌の有効な治療としてRFAは米国肺癌治療ガイドラインに収載されるようになった。
上記根治的治療の他、Ablation治療は有痛性骨腫瘍患者の除痛効果にも有効であるし、治療の適応範囲が切除に比べて広く、繰り返し治療も可能なため、緩和医療にも貢献する。

また、2014年から本邦でも塞栓材料であるビーズが使用可能となり、多血性腫瘍の治療への期待が高まっている。ビーズは塞栓深度を調整できる塞栓物質でDDSの側面も持つ。

前へ戻る