演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

前立腺全摘除術後のPSA再発症例に対する救済放射線療法

演題番号 : P74-2

[筆頭演者]
和久本 芳彰:1 
[共同演者]
平野 央:1,2、深谷 香織:1、高畑 創平:1、知名 俊幸:1、青木 裕章:1、塩澤 真司:1、寺井 一隆:1、清水 史孝:1、久末 伸一:1、久能木 裕明:2、笹井 啓資:2、堀江 重郎:1

1:順天堂大学医学部泌尿器科、2:順天堂大学医学部放射線科

 

【目的】近年、前立腺癌の罹患率は急増を示している。これにともない根治的治療の対象となる症例もまた増えているが、一方で再発症例も少なからず見られるようになり、救済療法の確立も今後の課題である。今回前立腺全摘除術後のPSA再発に対し、救済療法として体外照射を施行した症例群について検討する。【対象・方法】2002年1月から2008年9月までに、救済療法として前立腺床への照射を施行した40症例を対象とし、観察期間5年の治療効果に関する検討を行った。【結果】術前PSAの平均値17.9、GS range5-8、術後病理診断によるT stageはT0 2例、T2 15例、T3 23例、T4 0例。症例の70%に術前内分泌療法が行われていた。処方線量は60ないし66Gy。副作用でGrade3以上のものは認めなかった。再発判定はASTRO Definitionに拠り、40例中21例で再発を見た。このうち術前PSA値が10以上の症例は15例、またT3症例は13例であった。【考察】救済療法としての前立腺床への放射線照射は、副作用の点からは許容できるものであるが、治療効果としてはPSA非再発率48%であった。各背景因子等からは転移再発の可能性も十分考えられ、救済療法にあたっては、内分泌療法併用照射が必要と考えられた。

キーワード

臓器別:前立腺・男性生殖器

手法別:放射線治療

前へ戻る