演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

当科における食道胃接合部癌の手術治療戦略

演題番号 : P5-5

[筆頭演者]
棚橋 利行:1 
[共同演者]
田中 善宏:1、山口 和也:1、奥村 直樹:1、山田 敦子:1、松橋 延壽:1、高橋 孝夫:1、今井 寿:1、佐々木 義之:1、長田 真二:1、吉田 和弘:1

1:岐阜大学大学院医学系研究科腫瘍外科学

 

【緒言】食道胃接合部癌は食生活の欧米化や肥満などにより増加傾向である。本邦では西の定義に基づいて、病理組織型に関わらず、食道胃接合部の上下2cmに癌腫の中心があるものとされている。当科における食道胃接合部癌の治療成績を検討した。
【対象・方法】2008年1月から2013年12月において、食道癌手術156例、胃癌手術528例経験しているが、そのうち食道胃接合部癌22例を対象とした。年齢、性別、肉眼分類、組織型、Stage、腫瘍最大径、食道浸潤長、NACの有無とその効果、施行した術式、術後在院日数、リンパ節転移部位、再発部位などにつき後方視的に検討した。
【結果】年齢は平均64.0歳で、男女比は21:1と有意に男性が多かった。肉眼分類は3型が15例と最も多く、組織型は腺癌が19例、扁平上皮癌が3例であった。Stage別では0が2例、Iが1例、IIが6例、IIIが7例、IVが6例であった。腫瘍最大径は平均6.3cmで食道浸潤長は2.5cmであった。NACは11例で施行し、術後在院日数は20.7日であった。術式はほとんどの症例(17例)が下部食道胃全摘術で右開胸をしたものは5例であった。リンパ節転移部位としてはNo.1、3に多く存在していた。再発部位は縦隔内リンパ節が3例、肝が2例、大動脈周囲リンパ節が2例、腹膜播種が2例であった。
【症例】72歳、男性。貧血を契機に精査にてEGJに3型腫瘍(Group5,adenocarcinoma)を認めた。食道浸潤長が4cmほどあり、NACとしてDCS療法を行い、その効果はPRであり、下部食道胃全摘術を施行。最終診断はStageIIであった。
【考察】当科では基本的に食道浸潤長が3cm以内であり、明らかな縦隔内リンパ節転移を認めないようであれば、腹腔内からのアプローチで切除を行っている。早期癌に関しては噴門側胃切除術も適応ありと考えている。食道浸潤長が長い症例などでは症例に応じて、NACを積極的に行いdown staging後に手術を施行するようにしている。

キーワード

臓器別:胃・十二指腸

手法別:手術療法

前へ戻る