演題抄録

一般演題(示説)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

大腸癌化学療法症例に生じた中心静脈ポート関連血栓塞栓症の5例

演題番号 : P125-8

[筆頭演者]
中村 慶史:1 
[共同演者]
渡邉 利史:1、木下 淳:1、林 泰寛:1、尾山 勝信:1、井口 雅史:1、中川原 寿俊:1、宮下 知治:1、田島 秀浩:1、高村 博之:1、二宮 致:1、北川 裕久:1、伏田 幸夫:1、藤村 隆:1、太田 哲生:1

1:金沢大学附属病院消化器・乳腺・移植再生外科

 

【背景】切除不能進行再発大腸癌に対する化学療法においては、近年、中心静脈ポート(以下ポート)を必要としないレジメンの選択が可能となってきてはいるが、依然必要とする場合も多い。我々は早期合併症が少ないと思われる末梢穿刺によるポート留置を選択してきたが、合併症としての血栓塞栓症を5例に経験した。【症例1】66歳女性。上行結腸癌stageⅢa術後の補助化学療法としてポート造設後、mFOLFOX6を導入した。6コース施行後の定期検査のCTで左鎖骨下静脈血栓症を指摘された。ポート抜去後、対側に再留置を行い、残り6コースを完遂した。抗凝固治療は施行しなかったが、4か月後のCTで血栓の消失を確認した。【症例2】70歳男性。S状結腸癌術後異時性肝転移に対する肝切除後の補助化学療法としてXelox療法を施行した。血管痛でポートを留置したが、6コース目のL-OHP投与中に胸背部痛を認めた。心血管系疾患を疑いCTを施行したところカテーテル逸脱と左腕頭静脈血栓性静脈炎を指摘され、同日ポートを抜去した。その後、抗凝固治療は施行しなかったが4か月後のCTで血栓の消失を確認した。【症例3】68歳女性。S状結腸癌stageⅢa術後の補助化学療法として、ポート造設後mFOLFOX6を施行した。5コース後の定期検査のCTで左内頸静脈血栓症を認めた。アスピリンの投与を行い12コース施行後、ポートを抜去した。6か月後のCTで血栓の消失を確認した。【症例4】73歳男性。S状結腸癌肝転移(CurB)に対する術後補助化学療法として、ポート留置後、mFOLFOX6を施行した。10コース後の定期検査のCTで肺血栓塞栓症を指摘された。症状は認めなかった。ワーファリン投与を開始し12コース終了後にポートを抜去した。6か月後のCTで血栓の消失を確認した。【症例5】53歳男性。S状結腸癌局所再発・腹膜転移に対しBevacizumab+FOLFIRIを施行中であった。10コース後の定期検査のCTで左鎖骨下静脈、左内頸静脈血栓症を指摘された。症状は認めなかった。ダナパロイドの投与を開始しポートを抜去した。その後ワーファリンに変更し、化学療法は継続したがBevacizumabの投与は中止した。血栓は徐々に減少し、1年後のCTで消失を確認した。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る