演題抄録

臓器別シンポジウム

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

耐性克服への挑戦-ホルモン療法剤の選択-

演題番号 : OS11-3

[筆頭演者]
大竹 徹:1 

1:福島県立医科大学医学部器官制御外科学講座

 

内分泌反応性乳癌はエストロゲンが発生や進展に大きな影響を及ぼす。乳癌の治療には卵巣機能抑制(LH-RHa)や抗エストロゲン剤(SERM)が用いられ、転移・再発の予防や癌進行抑制に貢献してきた。また、閉経後乳癌ではアロマターゼ阻害剤(AI)のタモキシフェン(TAM)に対する優位性が証明され、現在では術後補助療法においても第一選択薬となっている。近年、ERのダウンレギュレーションによりエストロゲン拮抗作用を発現する抗エストロゲン剤(SERD)も使用可能となり、AI抵抗性の転移・再発乳癌における有用性が注目されている。
獲得耐性を示した内分泌療法抵抗性乳癌では、二次治療薬に変更することで再び奏功性を得る場合が多い。一次内分泌療法にLH-RHaとTAM使用後の閉経前乳癌では、臨床的な検証はまだ十分ではないがLH-RHaとAI併用の有効性が示されている。一方、一次内分泌療法にAI使用後の閉経後乳癌では、ステロイド性AI、非ステロイド性AI、常用量SERM、高用量SERM、SERDなど複数の治療選択肢が考えられる。さらに、細胞内シグナル伝達を阻害するmTOR阻害剤のTAMまたはAI抵抗性乳癌に対する有効性が報告され、多くの治療選択肢の中から内分泌療法抵抗性乳癌における至適治療法を明らかにすることが急務となっている。
本シンポジウムではTAM抵抗性閉経前乳癌やAI抵抗性閉経後乳癌に対する自験例における治療成績を示すとともに、耐性克服に向けた薬剤選択方法について考察する。また、福島医薬品関連産業支援拠点化事業における合成DNAマイクロアレイシステムを用いたトランスレーショナルリサーチから、内分泌療法抵抗性乳癌に対する薬物療法効果予測遺伝子セットの開発など、分子生物学的アプローチによる耐性克服に向けた取り組みについて報告する。

前へ戻る