演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

進行胆道癌に対する塩酸ゲムシタビンによる術後補助療法の成績

演題番号 : O73-4

[筆頭演者]
味木 徹夫:1 
[共同演者]
松本 拓:1、村上 冴:1、吉田 優子:1、篠崎 健太:1、松本 逸平:1、浅利 貞毅:1、後藤 直大:1、木戸 正浩:1、福本 巧:1、具 英成:1

1:神戸大学肝胆膵外科

 

目的:進行・再発胆道癌に対する有効な化学療法としてgemcitabine (GEM)、S-1、GEM+CDDPがあるが、術後補助療法の場合は、拡大手術の多い胆道癌では多剤併用が困難な場合も多い。当科ではこれまでに進行胆道癌術後には主として認容性の高いGEM単剤による補助化学療法を施行してきた。今回、これらの成績をretrospectiveに検討した。
方法:2005-2012年にR0またはR1切除を行ったstage 2(規約第5版)以上の進行胆道癌で、GEM単剤による術後補助化学療法を施行した48例を対象とした。GEMは1000mg/m2の3投1休を1コースとし、血液毒性等で継続困難な場合は1投1休投与に変更して、計18回(6コース)投与の方針とした。R1切除例では症例によりさらに長期間の投与を行った。
結果:対象例は、M/F=30/18、平均年齢64歳(25-82歳)、癌部位は肝内胆管8例、肝外胆管29例(肝門部16例)、胆嚢11例で、stageは2/3/4a/4b=10/19/13/6であった。手術は各種肝切除33例、膵頭十二指腸切除11例、その他4例で、癌遺残度はR0が38例、R1が10例であった。手術から術後補助投与までの期間は平均53日(20-136日)で、41例が術後70日以内に投与を開始した。GEM投与は18回以上の完遂が39例、18回未満が9例であった。再発は31例(64.6%)あり、肝内胆管5例(5/8, 63%)、肝外胆管17例(17/29, 59%)、胆嚢9例(9/11, 82%)と胆嚢癌での再発が高率であった。R0例とR1例では再発率に差を認めなかった。全生存期間で累積生存率を検討すると、1生96%、3生54%、5生33%で、無再発生存期間では1年81%、3年51%、5年33%であった。予後寄与因子を検討すると、男性(p=0.02)、補助化学療法完遂例(p<0.01)が予後良好であり、癌部位、癌遺残度、stageは有意な予後規定因子とならなかった。
結論:胆道癌に対するGEM単剤による化学療法は、癌部位や癌遺残度に関わらず一定の成績を示し、18回以上の施行が重要と思われた。しかし、GEM単剤補助化学療法では進行胆道癌の再発率は依然高率であり、今後レジメンの検討は重要課題と考える。

キーワード

臓器別:胆嚢・胆道

手法別:化学療法

前へ戻る