演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

Minor RAS変異型大腸癌3次療法におけるS-1+Cetuximab療法の治療効果

演題番号 : O50-4

[筆頭演者]
江見 泰徳:1,2 
[共同演者]
沖 英次:2、高橋 孝夫:3、辻 晃仁:4、吉田 和弘:3、馬場 秀夫:5、緒方 裕:6、夏越 祥次:7、下川 元継:8、前原 喜彦:2

1:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福岡県済生会福岡総合病院外科、2:九州大学大学院消化器・総合外科、3:岐阜大学大学院医学系研究科腫瘍外科、4:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院腫瘍内科、5:熊本大学大学院消化器外科、6:久留米大学医学部附属医療センター外科、7:鹿児島大学大学院消化器・乳腺・甲状腺外科、8:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター臨床研究部

 

【背景】2013年ASCOでPRIME試験の症例において、KRAS minor変異およびNRAS変異型を有する症例はパニツムマブ+FOLFOX療法に反応が悪いことが示された(2013 ASCO, JCO 31, #3511)。われわれは、切除不能大腸癌3次療法KRAS exon2野生型の症例に対するS-1+ Cetuximab (Cmab)療法の有効性と安全性を検討した第II相試験(KSCC0901)(UMIN000002475)を報告してきた(2012 ASCO, JCO 30, s3558)。今回、日本人All RAS野生型症例におけるS-1+ Cmab療法の効果について報告する。【方法】RAS (minor KRASNRAS)、PI3CA、BRAF 野生型・変異型における治療の有効性(ORR、PFS、OS)を検討した。KSCC0901における治療法は、初回Cmab 400 mg/m2、2回目から250 mg/m2の毎週投与。80 mg/m2/日 S-14週内服2週休薬を1コースとした。KSCC0901におけるKRAS exon 2変異型はダイレクトシークエンス法で調べた。このとき保存されたDNAを用いて、KRAS codons 61 and 146, NRAS codons 12, 13 and 61, BRAF codon 600 and PIK3CA codons 542, 545, 546 and 1047の変異型を、multiplex PCR-Luminex法(MEBGEN MTキット Medical & Biological Laboratories、名古屋)を用いて調べた。【結果】KSCC0901で解析された37例の内、1例はDNAの保存が無く、36例が今回の検討の対象となった。KRAS 4例、NRAS 2例、BRAF 2例、PIK3CA 5例の変異型が検出され、そのうち1例にNRASPIK3CA二重変異が検出された。All RAS野生型は30例、RAS変異型は6例、何らかの変異型を持つ症例が12例、すべて野生型が24例であった。KSCC0901 KRAS exon2野生型では奏効率37.8%、中央値PFS 5.6 (95% CI: 4.4 - 5.7)ヶ月、中央値OS 13.5 (8.5-16.5)ヶ月。All RAS野生型30例では、奏効率46.7%、中央値PFS 5.6 (95% CI: 4.4 - 7.1)ヶ月、中央値OS 13.8 (9.3-21.2)ヶ月。RAS変異型は6例では、奏効率0%、中央値PFS 3.6 (95% CI: 2.7 - )ヶ月、中央値OS 5.3 (2.9 - 20.0)ヶ月。【結語】日本人においてもRAS変異型を調べることは、Cmabを含む治療に対するnon-responderを予測できることが示唆された。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:化学療法

前へ戻る