演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

切除不能大腸癌症例におけるセツキシマブを含む初回治療の観察研究:CORAL(中間報告)

演題番号 : O50-2

[筆頭演者]
近藤 建:1 
[共同演者]
片岡 政人:1、中山 裕史:1、竹田 伸:1、室 圭:2、板橋 道郎:3、大橋 靖雄:4、杉原 健一:5

1:独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター外科、2:愛知県がんセンター中央病院薬物療法部、3:東京女子医科大学病院第二外科、4:東京大学大学院公共健康医学、5:東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学

 

背景
切除不能進行再発大腸癌(mCRC)の初回治療として、セツキシマブ(Cmab)+化学療法は各種治療ガイドラインにも示されるようになってきた。Cmab+FOLFIRI療法の有用性は、CRYSTALで示されているが、その他のレジメン併用の有用性・安全性は明らかではない。わが国では、Cmab併用療法の初回化学療法の報告が少ないこと、またESMOガイドラインが定義しているグループ別(Group1,2,3)の治療成績の報告が無い。
そこでCmabを含む初回治療の有効性と安全性を評価し、グループ別の治療成績を明らかにする観察研究を計画した。本研究は公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターがん臨床研究支援事務局(CSPOR)の支援を受けている。
方法
mCRC患者で初回治療としてCmab併用療法もしくは単剤投与を受けた症例を対象とした。評価項目としては奏効割合・PFS・初回治療中止理由(治癒切除・PD・有害事象)を調査した。また安全性評価としては皮膚症状(発現頻度・程度・既往の有無)及びその他有害事象を検討した。
結果
2012年1月から2013年6月までに全国158施設から579例が登録された。背景因子はPS 0/1/2は410/143/26、男/女は369/210、年齢中央値は65歳(31-88)、Group1/2/3(174/229/176)、併用薬はオキサリプラチン/イリノテカン/その他(378/165/36)であった。評価可能症例での奏効割合は46%であり、グループ別ではGroup1/2/3(58%/41%/34%)であった。またグループ別の肝切除率、予後等は現在追跡中である。有害事象のうち、8週と16週での皮膚症状(ざ瘡様皮疹)発現率は、尋常性ざ瘡の既往歴のない例では69%/60%、G3以上は2%/7%、既往歴のある例では84%/83%、G3以上10%/10%であった。
まとめ
今回、中間報告として、mCRC患者に対するCmab初回治療の有効性・安全性に関してESMOガイドライングループ別の治療成績を報告した。肝切除率や1年までの生存成績は現在解析中であり、当日報告予定である。

キーワード

臓器別:大腸・小腸

手法別:臨床試験

前へ戻る