演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

胃癌におけるL1CAMタンパクおよびmRNA発現の意義

演題番号 : O20-4

[筆頭演者]
毛利 靖彦:1 
[共同演者]
田中 光司:1、奥川 喜永:1、北嶋 貴仁:1、志村 匡信:1、近藤 哲:1、沖上 正人:1、問山 裕二:1、大井 正貴:2、楠 正人:1

1:三重大学大学院医学系研究科消化管・小児外科学、2:三重大学大学院医学系研究科先端的外科技術開発学

 

目的 L1CAMは接着分子の一つであり様々な固形腫瘍で浸潤、転移に関する報告が見られる。胃癌に関してはその報告は未だ少なく、その意義については明らかでない。本研究では胃癌組織中におけるL1CAMタンパクおよびmRNA発現の意義について検討する。
方法 1. ヒト胃癌組織中L1CAM mRNAの発現 胃癌切除症例131例(コーホート1)の新鮮凍結標本を用いてRT-PCRにてL1CAM mRNAの発現と臨床病理学的因子および予後との関連について検討した。 2. ヒト胃癌組織中L1CAM蛋白の発現 胃癌切除症例309例(コーホート2)のパラフィン包埋切片を用いてL1CAM免疫組織学的染色を行い、L1CAM蛋白の発現と臨床病理学的因子、予後との関連について検討した。 3. 胃癌細胞株を用いてL1CAM発現と増殖、浸潤能との関連について検討した。
結果 コーホート1 胃癌組織L1CAM mRNAの発現は、隣接正常粘膜と比較して有意に高発現を認めた。さらに、胃癌組織mRNA高発現群では、リンパ節転移および遠隔転移が有意に多く認められた。リンパ節転移に関わる因子として、L1CAM mRNA高発現は、多変量解析にて独立した危険因子であることが同定された。予後との検討において、L1CAM mRNA高発現例では、有意に予後不良であり、多変量解析において独立した予後不良因子であることが確認された。 コーホート2 胃癌組織L1CAM蛋白発現においても発現群では、リンパ節転移および遠隔転移例が有意に多く認められ、深達度、腫瘍径とも相関を認めた。リンパ節転移に関わる因子として、L1CAM蛋白発現は、多変量解析にて独立した危険因子であることが同定された。また、予後に関してもL1CAM蛋白高発現群では有意に予後不良であり、多変量解析にて独立した予後不良因子であった。si RNAによりL1CAMをノックダウンさせた胃癌細胞株では、通常の胃癌細胞と比較して細胞増殖能、浸潤能、遊走能の有意な減少を認めた。さらに、マウス実験モデルでは、si RNAによりL1CAMをノックダウンさせた胃癌細胞株は通常の胃癌細胞株と比較して腹腔内の転移個数、大きさともに有意に抑制されていた。
結語 胃癌組織におけるL1CAM発現は、リンパ節転移および予後不良症例を同定する有用なマーカーであることが示唆された。

キーワード

臓器別:胃・十二指腸

手法別:バイオマーカー

前へ戻る