演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

胃癌発癌におけるThrombospondin-1(THBS1)発現の意義

演題番号 : O20-2

[筆頭演者]
西 正暁:1 
[共同演者]
島田 光生:1、栗田 信浩:1、佐藤 宏彦:1、吉川 幸造:1、東島 潤:1、近清 素也:1、徳永 卓哉:1、柏原 秀也:1、松本 規子:1、江藤 祥平:1、高須 千絵:1

1:徳島大学外科学

 

目的: 我々はこれまで胃癌におけるThrombospondin1(THBS1)蛋白発現が、根治切除不能症例の効果・予測因子となり個別化治療の一助となることを報告してきた。さらにTHBS1は炎症性腸疾患において慢性炎症と発癌に関与しているとの報告があり、今回、我々はTHBS1mRNA発現が癌進展だけでなく、発癌にも関与しているという興味ある知見を得たので報告する。
対象・方法: 当科で手術を施行した胃癌39例(Stage I: 12例、 II: 7例、III: 11例、IV 9例)を対象とし、癌部・非癌部におけるTHBS1mRNA発現をRT-PCRにて測定し、臨床病理学的因子との関連を検討した。非癌部においてはTHBS1と結合するCD36ならびに下流に存在するSTAT3、smad4もRT-PCRにて測定し、THBS1との関連を検討した。
結果: (癌部) THBS1発現は腹膜播種陽性 (P1:22.7 vs P0:15.5)、StageIII/ IV (III/ IV:19.8 vs I/ II:12.8)で有意に高値を示していたが、他の臨床病理学的因子とは差を認めなかった。また、THBS1発現を高値群20例、低値群19例の2群に分け、5年OSを検討したところ、高値群で有意に予後不良であった(高値55.6% vs 低値 88.1%)。5年DFSについては両群間で差を認めなかった。またR0症例(n=30)では高値群で予後不良であった(高値 78.7% vs 低値 100%)が、R2症例(n=9)では両群間で差を認めなかった。
(非癌部) THBS1発現はピロリ菌の有無では差を認めなかったが、多発症例で有意に高値を示した(多発 22.1 vs 単発 14.8)。さらにTHBS1発現を高値群20例、低値群19例の2群に分け、CD36、smad4、STAT3発現を検討したところ、CD36 (21.2 vs 12.6)、smad4 (22.7 vs 10.9)、STAT3 (24.6 vs 8.9)いずれもTHBS1高値群で有意に高値であった。
結論:胃癌において、癌部THBS1発現は腹膜播種・予後に関連しており、非癌部THBS1発現は多発胃癌に関連している。

キーワード

臓器別:胃・十二指腸

手法別:バイオマーカー

前へ戻る