演題抄録

制吐薬適正使用ガイドライン改訂のためのコンセンサスミーティング

開催概要
開催回
第52回・2014年・横浜
 

海外の制吐療法ガイドラインの状況

演題番号 : CM2-2

[筆頭演者]
佐々木 秀法:1 

1:独立行政法人国立病院機構関門医療センター腫瘍内科

 

国際的な制吐療法のガイドラインは、National Comprehensive Cancer Network(NCCN),Multinational Association of Supportive Care in Cancer(MASCC),American Society of Clinical Oncology(ASCO)から提示されており、本邦ガイドライン作成の際にも参考とした。催吐リスク分類、各リスクでの主な制吐療法の推奨についてこれら3つのガイドラインを比較してみる。リスク分類は3つのガイドラインともにhighly emetogenic chemotherapy(HEC)、moderately emetogenic chemotherapy(MEC)、low(and minimal)emetogenic chemotherapy(LEC)に分類され、それぞれについての制吐療法が推奨されている。ドキソルビシン+シクロホスファミド療法(AC療法)については、NCCNおよびASCOのガイドラインはHECとして扱われているのに対し、MASCCのガイドラインではMECをAC療法とnon-AC療法に分けて扱われている。推奨内容について、HECはいずれのガイドラインも5-HT3受容体拮抗薬、NK1受容体拮抗薬、デキサメタゾンの3剤併用で一致しているが、最新のNCCNのガイドライン(2014年版 ver.1)では、オランザピンを含んだ併用レジメン(オランザピン、パロノセトロン、デキサメタゾン)が候補の一つとなっている。MECについては、各ガイドラインで若干異なる。ASCOのガイドラインとMASCCのガイドラインnon-AC療法ではパロノセトロン、デキサメタゾンの併用が推奨されているのに対し、NCCNのガイドラインでは限られた化学療法薬を使用する場合はNK1受容体拮抗薬を使用した3剤併用が推奨されている。またHEC同様にオランザピンの併用レジメンも候補の一つとなっている。本演題では、本邦ガイドラインの位置づけについて、海外ガイドラインとの比較から検討する。

前へ戻る