演題抄録

臓器別シンポジウム

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

医師からの要望と期待―CDTMに繋がる当院での試みー

演題番号 : OS14-6

[筆頭演者]
高橋 孝夫:1 
[共同演者]
野中 健一:1、松橋 延壽:1、飯原 大稔:2、伊藤 善規:2、吉田 和弘:1

1:岐阜大  腫瘍外科、2:岐阜大学病 薬剤部

 

がん診療において分子標的薬を含め、化学療法が進歩し、いろいろな癌腫で生存期間延長が報告されている。外来化学療法室でQOLよく治療が施行されるようになった。このように外来化学療法室での化学療法が増加しており、より安全に、効率的に治療を行うためには国の政策でも推奨されるチーム医療が重要と考える。つまり医師・薬剤師・看護師は患者を中心に互いに協力し、それぞれの専門性を尊重しながら、各職種の役割を果たすことが重要である。特に化学療法を施行する際の有害事象対策などは薬剤師の役割が大きくなる。今回のテーマであるCollaborative drug therapy management (CDTM) 協働薬物治療管理は、医師と薬剤師が薬物治療などに関して、プロトコール(治療計画書)を含めた契約を結び、その契約の範囲内で、薬剤師が主体的に患者ケアを実施するものである。当院ではチーム医療に取り組んでおり、それぞれの職種の専門性を活かした役割分担が重要と考え、将来のCDTMに繋がっていくであろう薬剤師による医師の診察前面談を積極的に実施している。これにより化学療法による有害事象はまず薬剤師の視点から評価され、次いで医師の診察で最終的な評価がされる。有害事象に対する支持療法の処方提案や、治療中止、減量の必要性も薬剤師の診察前面談で提案され、電子カルテに反映できるようなシステムになっている。薬剤師が有害事象を前もって調査するため医師とダブルチェックが即可能で、安全に化学療法が施行できている。現時点では薬剤の種類、投与量、投与方法は薬剤師のアドバイスを参考にし、医師が決定しているが、当院のように専門性の高い薬剤師が増えれば、将来的にはCDTMにより薬剤師の判断で治療の決定がされてもよいと私は考える。そうなれば、医師の業務が減り、より効率があがるであろう。実際、薬剤師診察前面談を行うことにより医師の患者診察の時間が短縮され、医療従事者からも、患者からも好評である。それぞれの職種の専門性を活かし、モチベーションを高め、チーム医療を率先して行うことで、効率よく、安全に化学療法が行えると考えている。がん診療における薬物治療においては薬剤師は専門的な薬物に関する知識を活かし、積極的に患者ケアに関わっていただき、よりよい癌化学療法に貢献していただきたいと考えている。私は医師の立場より、当院の取り組みを紹介し、将来CDTMを見据えたチーム医療について述べる。

前へ戻る