演題抄録

一般演題(口演)

開催概要
開催回
第51回・2013年・京都
 

外来化学療法室におけるがん患者のB型肝炎ウイルス保有率調査

演題番号 : O76-2

[筆頭演者]
佐野 元彦:1 
[共同演者]
島田 ひろ美:2、石橋 敬一郎:3、名越 澄子:4、布谷 玲子:2、小松崎 健:1、茂木 美穂:1、中村 めぐみ:1、石田 秀行:3、岸野 亨:1

1:埼玉医科大学総合医療センター 薬剤部、2:埼玉医科大学総合医療センター 看護部、3:埼玉医科大学総合医療センター 消化管・一般外科、4:埼玉医科大学総合医療センター 消化器肝臓内科

 

【背景】B型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化で重症化するde novo B 型肝炎は,通常のB 型肝炎に比べ劇症化する頻度が高率で,死亡率も高い.そのため,がん化学療法や免疫抑制療法を開始する患者のHBV保有率の実態を把握しておくことは極めて重要である. 【目的】外来化学療法室を新規利用するがん患者のHBV保有率を調査する.【方法】免疫抑制・化学療法により発症するHBV対策ガイドラインに準じて,2012年6月1日以降に外来化学療法室を新規利用するすべてのがん患者を対象に,原疾患の化学療法前に測定したHBs抗原, HBs抗体およびHBc 抗体の測定結果を電子カルテより調査する.HBs 抗原陽性はHBVキャリアとして,HBe抗原,HBe 抗体,HBV-DNA定量の結果について確認する.HBs 抗原陰性でHBc 抗体and/or HBs 抗体陽性はHBV既往感染者としてHBV-DNA 定量の結果を確認する. 【結果】2013年3月時点で292名の新規がん患者(年齢中央値64(25-89)歳,男性129名,女性163名)に調査が行われた.対象癌種は,消化器系癌94名,婦人科癌54名,肺癌48名,造血器腫瘍44名,乳癌42名,泌尿器癌10名.そのうち,HBVキャリアまたはHBV既往感染者は62名で,年齢中央値65(38-83)歳,男性29名,女性33名.癌種は,造血器腫瘍17名,消化器系癌15名,乳癌10名,婦人科癌10名,肺癌8名,泌尿器癌2名.HBVキャリアは6名(2.1%)で, HBe抗原,HBe 抗体およびHBV-DNA量の測定が行われ,エンテカビル投与を開始している.HBV既往感染者は56名(19.2%)で,HBV-DNA定量検出限界以上の患者は現在のところ確認されていない.【考察】今回の結果は,過去に報告されている非がん患者でのHBV保有率調査結果と比較しても同程度であった.すでに化学療法歴のある症例や免疫抑制状態にある症例では抗体価が低下するとの報告もあることから,がん患者に対して初回化学療法の段階からHBs 抗原だけでなく,HBc抗体やHBs抗体検査等を施行し,HBV既往感染者の継続的モニタリングを実施することが肝要と考えられる.

キーワード

臓器別:その他

手法別:疫学・予防

前へ戻る