演題抄録

デジタルポスター

開催概要
開催回
第55回・2017年・横浜
 

軟部肉腫に対するエリブリンの有効性および安全性の後方視的検討

演題番号 : P40-2

[筆頭演者]
石田 博雄:1 
[共同演者]
大熊 遼太朗:1、佐藤 悦子:1、髙橋 威洋:1、久保田 祐太郎:1、濱田 和幸:1、角田 卓也:1,3、佐々木 康綱:1,2

1:昭和大学・病院・腫瘍内科、2:昭和大学・腫瘍分子生物学研究所、3:昭和大学・臨床薬理研究所・臨床免疫腫瘍学講座

 

【背景】ドキソルビシン既治療の切除不能軟部肉腫に対して、複数の新規抗がん薬がここ数年で承認されている。このうち、エリブリンは脂肪肉腫および平滑筋肉腫における第3相試験でダカルバジンと比較し全生存期間の有意な延長を認め、軟部肉腫に対する2次治療以降で生存期間延長効果を示した唯一の抗がん薬である。軟部肉腫は希少がんであり、実臨床での有効性および安全性の検討は十分な報告がない。また、非脂肪肉腫・非平滑筋肉腫に対するエリブリンの有効性の検討も十分でない。
【目的】当院でエリブリンによる薬物療法を施行した軟部肉腫における有効性および安全性を後方視的に検討した。
【結果】2016年4月から2017年4月に当院でエリブリンを投与した軟部肉腫8例を対象とした。患者背景は、男/女(4例/4例)、年齢中央値56歳(36-77歳)、PS (ECOG) 1/2(4例/4例)、組織型は平滑筋肉腫/その他(4例/4例)、エリブリン治療前の薬物療法レジメン数1/2(5例/3例)であった。エリブリン投与サイクル中央値3(1-7)、奏効率33%、無増悪生存期間中央値3.5ヶ月(平滑筋肉腫/その他:4.7か月/1.0か月)であった。血液毒性はgrade3以上の好中球減少を67%に認めたが、発熱性好中球減少症は認めなかった。非血液毒性は悪心、食欲不振、疲労、皮疹、肝機能障害を認めたが、いずれもgrade2以下であった。
【結語】エリブリンは平滑筋肉腫において高い有効性を認めた。有害事象に関しては好中球減少を高頻度に認めるものの、重篤な非血液毒性は認めず、PS2を含む軟部肉腫に対して高い忍容性が認められた。

キーワード

臓器別:骨軟部

手法別:化学療法

前へ戻る